現金の性質を知ると・・・。

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

先日、総務省が世帯貯蓄に関する下記のような発表をいたしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【世帯貯蓄、4年連続増=過去最高1820万円―16年】Yahooニュースより

 

 総務省が16日発表した2016年の家計調査(2人以上世帯)によると、1世帯当たりの平均貯蓄額は前年比0.8%増の1820万円だった。4年連続で増加し、比較可能な02年以降で最高となった。将来不安などを背景に、家計が節約志向を強めたことが影響したとみられる。

 

 世帯主が60歳以上の高齢者世帯では貯蓄額が平均2385万円となり、全体を押し上げた。ただ、全世帯の67.7%は貯蓄額が1820万円を下回っており、貯蓄がある世帯を順番に並べた真ん中に位置する中央値は1064万円だった。

 

 貯蓄の種類別では、金利低下により定期性預貯金が2年連続で減少する一方、普通預金などの通貨性預貯金は8年連続で伸びた。株式など有価証券は微増だった。

 

 負債は、低金利を追い風に住宅ローンを組む世帯が増えたため、40歳未満の世帯で16.6%増加。60~69歳の世帯も12.2%増となり、相続税対策による不動産購入が影響したとみられる。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 

 

  注目したい点は、多くの方は老後の貯蓄が2000万円にも満たないのが現状で、資産の種類は現金預金がほとんどです。 これだと、毎月約8万円(年間約100万円)の貯金を切り崩したら、20年後(80歳頃)までには貯金が0円になってしまいます。 つまり、現金資産だけだと、使えば無くなってしまいますし、使わなければ残したまま他界することに・・・・・。

 

 

 

 お金の仕組みを勉強すると、現金と言うのはとっさに必要になっても大丈夫な金額があれば大丈夫で、あまった現金は不動産・保険・投信・株などで運用し、老後は運用利回りで暮らせるようにしておくのが理想ですね!

 

 しかも歴史的な低金利の今は不動産投資がかつてないほど有利で、現金で2000万円を貯めなくても、不動産投資なら0円で2000万円以上の資産やリターンが得られますよ!

 

 

 

疑問質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

※今後の研修会の日程は、下記のサイトより確認できます。

 

 

=== セミナー情報ドットコム ===

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5900.html

 

 

◆キャッシュフロー研修会

FP事務所主催  1回の参加で全てを学ぶ

 

◆不動産投資研修会

日本経済・財政と合わせて学ぶ、0円から始めて家賃収入で暮らす方法

 

◆お金の仕組み研修会

知ってびっくり! 最初にお金の本質を学ぼう

 

◆個人年金保険の《超》基礎

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ