GPIF運用益10兆円超え!!

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

先週末にGPIFの運用成績が発表されましたね!

GPIFと言うのは年金積立金管理運用独立行政法人のことで、簡単に説明するとみなさんの厚生年金と国民年金の年金積立金を管理・運用する機関です。

 

そして気になる運用結果ですが、昨年10~12月期に10兆4973億円の運用益があったそうです。また、H14年の資産構成見直し後からは累計して11兆7757億円の黒字となっていますが、投資先の国内外株式比率を上げたため、運用結果が上下荒くなっているように添付したグラフより読み取れます。

 

ポイントは国内外債券への投資から、国内外株式への投資比率を意図的に上げている点で、特に日米は協調して今後も株高傾向(インフレ)へ誘導していくでしょう。 約144兆円もの運用資金を株式よりにすれば、株価が上がるのが一般的です。

 

つまり、以前からお話ししているように、インフレが進むと預金の価値は減り、債務の負担も減少します。 日米の巨額の国債発行額を考えると、インフレ政策の流れは変えられないところでしょうか、、、、、。

 

 

 

そこで、みなさんも預金資産から株式資産への比率を高めることが重要となりますが、安心安全・高利回りで運用したい方にお勧めなのが個人年金保険での運用です。 なんと言っても、国内の有名保険会社で資金・運用管理をいたしますので抜群の信頼度ですし、しかも年利10%以上の運用も可能です。

 

毎月の積立型や余裕資金の一括型など、みなさまのご状況に合わせたプランがありますよ!

詳しくは、弊社主催の「個人年金保険研修会」へ是非子参加くださいね!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

◇〓◆ 個人年金保険の《 超 》基礎 ◆〓◇ 

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ

 

↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓

 

【セミナー情報ドットコム】

http://www.seminarjyoho.com/course_show_241744.html