北朝鮮情勢とモンゴルの動き。

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

 金正男が暗殺されてから北朝鮮の情勢が気になりますが、朝鮮半島の北と南が統一されるのか、北朝鮮が中国に吸収されてしまうのか、アメリカ勢力が勝るのか、いよいよ数年以内に歴史的な大きな動きがあるかもしれませんね。 私的には、北と南の戦争に発展するのではないかと心配しています。北朝鮮(中国)と韓国(国連)はいま停戦(休戦)状態で、終戦はしていないので、、、。 中国としては、朝鮮半島全域を国土にしたいですし、アメリカも朝鮮半島全土をアメリカの支配下に置きたいところでしょうか、、、、、。

 

 韓国の冬季オリンピックが来年に控え、外貨を獲得した後に韓国ウォン安(外貨高)を狙っているのか・・・・・・、そう言えばアベノミクス後に日本国内にある韓国系銀行の融資の審査が、異常に甘くなっているのが関係していそうですね、、、、、今のうちに円を大量に買っておこうというわけですか、、、、。

 

 

 

 さらに、ロシアと中国の間の国のモンゴルに、アメリカ勢力の金融的支援が決まりました。IMFの発表によると、IMF、日韓両政府、世界銀行、アジア開発銀行(ADB)が共同でモンゴル政府に約5600億円の長期融資(3年間)を提供するそうです。 このタイミングで凄い場所にアメリカ勢力がねじ込んだな~と感じますね、、、、、。

 

 

 

 では日本はどうなるのかですが、アメリカ支持体制を維持していけば、中長期的にはアメリカ経済と共にインフレへ向かうと思われます。 ただ、短期的にはそれほど成長は望めなく、むしろまだまだ上下に揺れるでしょう。

 

 今後も世界情勢・経済に注視していきましょうね!