本日は、日経新聞より気になる記事のご紹介です。「ソフトバンク孫氏、米に5兆円投資 トランプ氏と会談」

本日は、日経新聞より気になる記事のご紹介です。

 

「ソフトバンク孫氏、米に5兆円投資 トランプ氏と会談」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN07H03_X01C16A2000000/?dg=1&nf=1

 

日本のリニア新幹線の事業費は5.5兆円なので、5兆円規模の投資がどれほど巨額か感じとれると思います。

ポイントは、その資金は銀行融資やファンドから集めてくる有利負債などで、将来の返済や配当を考えると、なんとしても事業の成功や経済成長(インフレ)を達成しなければ銀行や投資家から非難を浴びます。

また、アメリカも日本も国債の発行額は1000兆円を超え、多くの先進国や世界の大手企業は負債が最高に膨らんでいます。

 

《日本の有利負債が多い企業トップ3》

1位 トヨタ 約17兆円

2位 ソフトバンク 約8兆円

3位 東京電力 約7兆円

 

先進国や大手企業の動きを考えると、マイナス金利で不景気の最安値の今に巨額の投資を行うのは、金融資本主義の常識だと言うことは明らかで、そのことから今後も日米で、超大規模事業が数多くスタートすると思いますよ!

ちなみに、リニア鉄道の大阪開通前倒しのために、 日銀→政府系銀行→JR と約3兆円ほど貸し付けています。