自民党改革に期待 と『推薦図書』

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

昨日の都議選は、都民ファーストの会の圧勝で幕を閉じましたが、この勢いのまま国政へと進出するかに注目が集まります。

歴史的大敗を期した自民党は、今までのような古い政治体質では太刀打ちできない可能性もあり、クリーンで信頼できる政党へとチェンジできるかが重要ですね!

 

私としては、この流れに乗って自民党内でも古い体質・既得権益をどんどん破壊して、国民全体へ経済が回るように改革していって欲しいと思います。

 

 

さて、本日も推薦図書を1冊ご紹介いたします。

研修会に参加された皆様にとって、とても参考になる内容なので必ず読んでくださいね!

 

 

 

「だから、日本経済が世界最強というこれだけの理由」三橋貴明

http://amzn.to/2tGD8wU

 

 

 

 

じつは日本は世界1のお金持ちの国で、対外資産を349兆円(2016年)も保有しています。(世界に対しての純資産額)

 

つまり、国内の借金問題はあくまでも国内の話で、世界からみたらナンバー1のお金持ち国家なのです。

 

ちなみに、2位が中国の210兆円、3位がドイツの209兆円ですが、中国は元の信頼性の問題もありますので実際にはこれほどの価値はないでしょう。

 

 

 

その他この本の中には、「政府が借金すると国民が豊かになる」「公共投資の拡大で荒廃する日本を救う」「少子高齢化問題も経済成長すればすぐに解決する」などなど、興味深い内容がたくさんありますので、必ず読んで勉強してみてくださいね!

 

 

 

疑問質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

※今後の研修会の日程は、下記のサイトより確認できます。

 

 

=== セミナー情報ドットコム ===

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5900.html

 

◆キャッシュフロー研修会

FP事務所主催  1回の参加で全てを学ぶ

 

◆不動産投資研修会

日本経済・財政と合わせて学ぶ、0円から始めて家賃収入で暮らす方法

 

◆お金の仕組み研修会

知ってびっくり! 最初にお金の本質を学ぼう

 

◆個人年金保険の《超》基礎

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ

 

 

 

 

 


フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

「フィリピン南部のミンダナオ島でISIS系武装勢力が政府軍と交戦、マラウィ市を掌握した。ドゥテルテは戒厳令を敷き、戦争も辞さない構え。」

 

と言うニュースが流れましたが、メディアがあまり取り上げていないのが気になります。モスルのISの拠点は奪還作戦が大詰めを迎えており、中東から東南アジアにISの拠点が移ってきたのが我々日本人なら「とてもとても気になる」と思われるのですが、あまり報道しないのはなぜなのでしょうね、、、、、、、。

 

フィリピンは、中国と米国で領土・資金・経済などを、どちらの国が実権を握るか争っている真っ最中で、問題解決のために米国としては戦争状態にしたいのでしょうか、、、、、、朝鮮半島で有事を起こすより、南シナ海で有事を起こす方がリスクは少なそうですが、、、、、、、平和的解決してくれることを望みます。

 

 

 

どちらにしても、アメリカファーストの経済成長が着々と進んでいる証で、予定通り日本・イギリスにはとても有利な国内経済になっていくと思われます。日本の債務問題を考えると、10~20年かけて2~3倍の物価上昇も考えられる状況でもありますので、貯金額を抑えてでも不動産投資を必ず活用していきたいところですね!

 

  

 

疑問質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

※今後の研修会の日程は、下記のサイトより確認できます。

 

 

=== セミナー情報ドットコム ===

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5900.html

 

◆キャッシュフロー研修会

FP事務所主催  1回の参加で全てを学ぶ

 

◆不動産投資研修会

日本経済・財政と合わせて学ぶ、0円から始めて家賃収入で暮らす方法

 

◆お金の仕組み研修会

知ってびっくり! 最初にお金の本質を学ぼう

 

◆個人年金保険の《超》基礎

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ

 

 

 

 

 


自民か?都民ファーストか?

 

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

国会では加計学園問題で騒いでいる中、共謀罪の法案が可決され、日銀の異次元金融の継続や、その他必要な政策が着々と実行されています。景気判断の指標になる、日経平均株価は2万円を前後していますが、あらたな好材料がないと停滞が続くように思われます。

 

今朝のニュースで、安倍政権は8~9月に内閣改造・自民党役員人事に踏み切る意向を固めたと出ていましたが、支持率アップに大きな景気対策を発表してくるかもしれませんので注視していきましょう。

 

 

また、いよいよ都議選の公示日が近づいてまいりました。

 

自民党と都民ファーストの会との戦いになるかと思いますが、両陣営の支持率が拮抗してきている状況を考えると、自民党は票獲得のために国政を使ってでも大きくインパクトある政策を打ち出してくるかもしれませんので少し楽しみですね!

 

 

 

 

 疑問質問などありましたらお気軽にお問い合わせください

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

※今後の研修会の日程は、下記のサイトより確認できます。

 

 

=== セミナー情報ドットコム ===

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5900.html

 

 

◆キャッシュフロー研修会

FP事務所主催  1回の参加で全てを学ぶ

 

◆不動産投資研修会

日本経済・財政と合わせて学ぶ、0円から始めて家賃収入で暮らす方法

 

◆お金の仕組み研修会

知ってびっくり! 最初にお金の本質を学ぼう

 

◆個人年金保険の《超》基礎

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ

 

 

 

 

 


1・2・3、だぁー!

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

 米プロバスケットボールNBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏が13日から北朝鮮を訪問するそうです。

 

日本ではアントニオ猪木議員がたびたび北朝鮮に訪問していることが知られていますが、 なにやら表向きと裏向きの訪朝理由がありそうですね。 北朝鮮問題が良い方向へ進展してくれるとよいのですが、、、、。

 

 

 

「元NBAのロッドマン氏、きょうから訪朝 過去には「バスケ外交」 CNN EXCLUSIVE」Yahooニュースより

 

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-35102628-cnn-int

 

 

 

アントニオ猪木は自身の引退式の時に、有名なお坊さんの詩を引用して下記の言葉を伝えましたが、私もとても大好きなフレーズです。

 

 

 

『道』

 

この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ

 

 

 

 【アントニオ猪木引退式】YouTubeより

 

 https://www.youtube.com/watch?v=BV_L31OSq-Q

 

 

 

 

 

人生や投資は先が見えず、危ぶむことも多いですが、しっかりと一歩一歩進んで行きたいものですね!

 

疑問質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

※今後の研修会の日程は、下記のサイトより確認できます。

 

 

=== セミナー情報ドットコム ===

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5900.html

 

◆キャッシュフロー研修会

FP事務所主催  1回の参加で全てを学ぶ

 

◆不動産投資研修会

日本経済・財政と合わせて学ぶ、0円から始めて家賃収入で暮らす方法

 

◆お金の仕組み研修会

知ってびっくり! 最初にお金の本質を学ぼう

 

◆個人年金保険の《超》基礎

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ

 

 

 

 

 


金の密輸の裏には、、、、。

日頃よりご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

最近、金の密輸の話題が急に取り上げられていますが、このことは世界で投資している方ならわりと知っている昔から有名な話ではあります。 なぜ、ここにきて急に釘を刺すように取り締まり始めているのかは、、、、、、何か臭いますよね。

 

 「お金の仕組み研修会」でもお話ししているように、金は紙幣の(担保)裏付けとなる世界で唯一の本物のお金です。

 

第二次世界大戦で勝利したアメリカは、世界の約60%以上の金を保有していると言われていますが、この金があるからこそドル紙幣が世界で信用があり基軸通貨であるわけです。 そして、アメリカはドル紙幣を自由に造り出し、世界の経済・政治・軍事などなどをけん引しています。

 

 

 

【2017年 金の保有量ランキング】(数字はトン)

 

1 米国   8,133.46

2 ドイツ  3,377.94

3 IMF    2,814.04

4 イタリア 2,451.84

5 フランス 2,435.91

6 中国   1,842.56

7 ロシア  1,680.10

8 スイス  1,039.99

9 日本    765.22

10 オランダ  612.45

 

 

 

 

 

しかし、先日気になるニースが密かに報じられていましたが、ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、アメリカやフランスに預けている金を、2020年までに674トン(約270億ユーロ)ドイツに戻す方針を発表しました。 終戦時ドイツはロシアからの侵略に備えて、自国の金をアメリカに預けていたそうですが、何かの必要があってドイツに戻したいわけですね、、、、。

 

 

 

つまり、紙幣・株券・債券の価値が下落しそうなとき金を集めるわけですが、バブル崩壊や破たんする直前に金を集めても手遅れなわけで、どちらかと言うと、景気回復・バブルを演出する前提で、早くから金を集めとくわけです。

 

 

 

ただ、公表しているだけの金がアメリカには保管されていなと言う噂も絶えず、2001年9月12日に世界貿易センタービルで、アメリカは中国に70年間借りてた金を返す予定でしたが、9・11同時多発テロにより返還できなくなってしまったと言うのも噂されています。

 

 

 

日本も何とか金を集めないと競争に負けてしまうので、景気が悪いときは金の価格が高いので密輸して、景気が良いときは金の価格が下がるので、その時に大量購入するのでしょうか、、、、。

 

 

 

G7の主要国の、アメリカ・日本・ドイツ・イギリス・フランスなどは、あからさまに金融資本主導の景気回復政策を足並みそろえて行ってきていますし、いろんな世界情勢をふまえても中長期的にはインフレになり、日本でもバブルが起きるのではないでしょうか、、、、。(先進国は膨れ上がった債権を吹き飛ばして消し去りたいと考えている)

 

 

 

そのためにも、現金・証券・不動産などに分散して上手に資産を増やしていきましょうね!

疑問質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

※今後の研修会の日程は、下記のサイトより確認できます。

 

 

=== セミナー情報ドットコム ===

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5900.html

 

 

◆キャッシュフロー研修会

FP事務所主催  1回の参加で全てを学ぶ

 

◆不動産投資研修会

日本経済・財政と合わせて学ぶ、0円から始めて家賃収入で暮らす方法

 

◆お金の仕組み研修会

知ってびっくり! 最初にお金の本質を学ぼう

 

◆個人年金保険の《超》基礎

貯金より個人年金保険の方がお得で節約できる訳を、日本経済・財政から学ぶ